鳥へい日記

焼き鳥 釜めし 居酒屋 宴会 忘年会 新年会 座敷 朝まで営業 子供連れ 家族 女性一人 食事 定食 出前 出張料理  保護者会 クラス会 お誕生会 お持ちけり テイクアウト
鳥へいのホームページはこちら

by kyodo-torihei
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治 経済 文化
経営者の人生日記
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 04月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
西郷輝彦のつぶやきblog
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:政治 経済 文化( 47 )
零細飲食店の・・経営改善点は・・どんな事があるのか?
お店を経営されている零細な飲食店の皆様が日本でも数多くあると思います。優秀な経営コンサルタントを雇うお金も、時間もない皆さんに提案なのですが・・・経営されていて気になる事を改善する事によって売り上げが少しずつ良くなる様に私には感じられるのですが。

例えば、早い時間に来るお客さんがいるとします。お店の開店が夕方6時だとします。お客さんは夕方5時に来られるとします。お店は5時に来られるお客さんに合わせるべきでしょう。そうする事によって店の流れが変わってきます。

勿論・・開店時間の6時にはそれなりの合理性があって決めたと思うのですが・・商売はお客様があって、初めて成り立つものです。顧客の需要を敏感に捉え、その事に敏速に対応する事が売り上げを上げ、繁盛店にする一つの方法であると思いましたが、皆さんはいかがでしょうか。 オーナーシェフ  長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 串揚げ 串焼き 子連れ・家族で食事 御誕生会
和食 日本料理 デリバリー 東京農業大学 農大 クーポンは 焼鳥 釜めし 居酒屋 宴会
出前 出張料理  独立開店 開業指導  鳥へい ホームページに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2007-04-04 01:40 | 政治 経済 文化
商売べたの親父が・・・店を何とか続ける方法はと・・問われれば!
深夜・・お客さんも、いなくなり、本屋さん、インターネットには様々な経営論が紹介されているのですが・・それはその人たちに任せるとして私なら弱者の経営論・・・零細飲食店の経営は如何にあるべきかと言う事を思いつくままに述べてみたいと思います。

1)まず料理屋は美味しくなければならない・・も少し言うと癖になってしまう料理を出す。2)お店は古くて汚れていても清潔に見えるようでなければならない。全てをする事は出来ないので、そういう風に見える掃除をするという事でしょうか。

3)これが一番の厄介な問題なのですが・・お客さんに先入観を持たない・・もっと言えば嫌いだとか、好きであるとかの感情を持たない・・どんな人でも、それなりに、いいところはあるので、その辺を見つける事は大事であると思います。

嫌いだと言うオーラをサービス側が出しているとお客さんは自然と来なくなります。もちろんお客さんが多く・・・意識的に少し減らしたいと言う時は別ですが・・以上の3点が大事であると思いますが・・・・

3)の接客が繁盛店の最大のポイントであると思います。お客様が、また行きたいと思う接客・・・自分達で・・できる他店には出来ない何かを見つけ、考え、実行する事が各店に持てめられる売り上げ向上の秘訣であるように思います。次回に!  調理師 長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 子連れ・家族で食事 御誕生会 串揚げ 串焼き
和食 日本料理 東京農業大学 農大 クーポンは 焼鳥 釜めし 居酒屋 宴会 出前
出張料理 鳥へい ホームペイジに!
 
[PR]
by kyodo-torihei | 2007-03-28 03:39 | 政治 経済 文化
昨日は営業22年ぶりにトイレの下水が詰まって・・・・費用は13万円でした。
古い店舗なのでマンホールがわからず・・・・22年使った便器を壊し排水溝から電動ワイヤーを入れたりしたのですがダメで、それで水圧洗浄機を入れ詰まりを捜していたのですが解決せず
水圧洗浄機の音のする地面を辿って捜したらマンホールが隣のアパートの玄関の入り口にありました。

工事をするのが面倒で新管を旧管につないだとの事でした。どうりでトイレの外の通路には元管が無いのが・・営業22年目の故障で始めて知りました。都内の下水管や水道管、ガス管には・・解らない・・誰も知らないものが・・多分たくさんあるのだろうと想像しました。

人が地面の上で生活をしてからの残骸が色々埋まっているのだろうと思いました。 そんなこんなで私達の地面の下には、いろんな時代のものが迷路のように埋まっており、また現在も使われているものがあるかと思うと・・・

13万円は痛かったのですが、もっと稼がねばと言う決意と、22年商売を続けてこれた事に感謝したいと思いました。また次回! 調理師 長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 御誕生会 子連れ・家族で食事 和食 日本料理
東京農業大学 農大 クーポンは 焼鳥 釜めし 居酒屋 宴会 出前 出張料理 定食
鳥へい ホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2007-03-04 18:43 | 政治 経済 文化
朝日新聞 2月4日・・国保払いたくても家計200万で負担30万円!
記事によると保険料が払えず差し押さえを受けたり、保険証を取り上げられてしまう人が多くなっていると書いてあったのですが。主な原因は全体の国保の加入者の内・・所得がゼロの人が27パーセントにのぼり、年収300万を越える人がわずか13パーセントとの報道でした。

私のような低所得者でも・・・年金の保険料がi異常に高くなり・・何の為の国民健康保険かわからない状態が続いてます。もし私が病気にでもなり・・・仕事を休む事になり収入が途絶えてしまうと・・・保険証を取り上げられ、わずかの・・財産を差し押さえされてしまう現実が、そこにリアルにあるのです。

私達の国家はどうなってしまったのでしょうか。弱く・・貧しいものは治療さえ受けられず死を待つしかないのが現実なのです。今・・・お金のある人々も何時・・私達と同じ環境になるかもしれません。

貧しくとも最低の医療を受けられる社会を選挙を、とうして実現してゆかねばならないと思います。皆さんはこの国の現状をどう思われますか。   調理師 長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 御誕生会 子連れ・家族で食事 和食 日本料理 東京農業大学 農大 クーポンは焼き鳥 釜めし 居酒屋 宴会 鳥へい ホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2007-02-05 00:27 | 政治 経済 文化
朝日新聞 2月4日・・国保払いたくても家計200万で負担30万円!
記事によると保険料が払えず差し押さえを受けたり、保険証を取り上げられてしまう人が多くなっていると書いてあったのですが。主な原因は全体の国保の加入者の内・・所得がゼロの人が27パーセントにのぼり、年収300万を越える人がわずか13パーセントとの報道でした。

私のような低所得者でも・・・年金の保険料が以上に高くなり何の為の国民健康保険かわからない状態が続いてます。もし私が病気にでもなり・・・仕事を休む事になり収入が途絶えてしまうと・・・保険証を取り上げられ、わずかの財産を差し押さえされてしまう現実が、そこにリアルにあるのです。

私達の国家はどうなってしまったのでしょうか。弱く・・貧しいものは治療さえ受けられず死を待つしかないのが現実なのです。今・・・お金のある人々も何時・・私達と同じ環境になるかもしれません。

貧しくとも最低の医療を受けられる社会を選挙を、とうして実現してゆかねばならないと思います。皆さんはこの国の現状をどう思われますか。   調理師 長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 御誕生会 子連れ・家族で食事 和食 日本料理 東京農業大学 農大 クーポンは焼き鳥 釜めし 居酒屋 宴会 鳥へい ホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2007-02-05 00:18 | 政治 経済 文化
今日は放送作家のお客さんと料理の話から・・落語の話に!
私の、お出ししてる料理の事で、何で材料が同じで料理人よって味が違うのでしょうね!その質問の答えの説明をしていたら・・落語の話しになってしまいました。

料理は作る人が、どれだけ材料を生かし、自分を表現し、かつお客さんの求めているものと共鳴しないと、美味しいと、お客さんは感じてくれないと言う事をお話しました。

そんな事から名人と、そうではない、ただ上手な人との差は何かと言う話になりました。料理で言ったら、その料理人が作ったら・・・なんか知らないけど美味しく感じてしまう・・そういう目に見えない力だと思いますと私が・・・・・

その話からお客さんが・・落語の話になり、すごく上手い、名人と言うのはと言う話になり・・・その人が演じたら・・・ただの、お茶を飲む動作、出てくる姿、座り方 、咳の仕方、扇子の使い方・・全てが面白く、おかしく感じてしまう力・・なんだと言うお話でした。

最終的にはお客さんと私で料理も・・落語もやる人が問題で・・材料と言うのも・・その要素であるが・・・それが全てではないと言う結論に達しました。

天賦の才能と言うものも、あるでしょうが料理人が、落語家が、どれだけ楽しんで仕事をしてるかが、お客さんに伝わり、それが料理の評価や落語の人気に繋がるようだと、お客さんと合点したのですが・・・・

仕事は出来れば・・・どんな仕事でも楽しんでやる事から何かが始まり・・・もう一歩・人生のステージが上がるように・・・私は思いました。皆さんも私と共に楽しいと言う・・・・心の波を発信できれば良いですね。        調理師  長谷川一平

世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 御誕生会 和食 日本料理 子連れ・家族で食事 東京農業大学 農大 クーポンは 焼鳥 釜飯 居酒屋 宴会 出前 鳥へい ホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2007-01-16 05:00 | 政治 経済 文化
今年も終わりますねー・・親父はとうとう60歳になりました。
この60年何をしてきたんだろうと思うほど何もしないで・・ここまで生きてきたように思います。子供の頃から出来が悪く・・・会社に入ってからもダメ社員で・・・・サラリーマン失格となり・・現在の焼鳥・釜飯屋になって22年経ってしまいました。

商売やっても下手で儲かる事無く・・・しかし潰れる事もなくやってきました。ただこの仕事は 料理は何とか他人様より・・いくらか上手に出来る事と、一つの事を・・しつこくやる性格でこれが幸いして・・それなりに料理の技術は上がったように思います。

世田谷・経堂でも目立たない所でやっているので最近までは・・近所の人も知らないような店だったのですが・・・・ネットの普及で・・怪しい・変・釜飯が旨い等・・・・の事を紹介していただき最近ポツポツお出で頂くお客様が多くなって来てます。

科学が進歩しても・・人々の心はますます寂しく、空しくなって来ているように思います。お金も無くてはならないのですが・・・そればかりでも人は幸せになれない感じがしてます。私は一間の賃貸アパートに60歳になり一人で住んでますが・・・寂しいと思うこともありますが、雨露がしのげ、食べ物があり、少しの親しい知り合いがおり、これで人として十分幸せなのかなーとアフガン、アフリカ、イラク・・・その他の政情の不安定な国を見聞きする度にそう思うのですが・・・・

私達の地球はパソコンや冷蔵庫の無い国がほとんどで・・私達のような生活レベルの国は一割も無い事など考えると私達の住む、地球の夜明けは・・まだまだ遠い事を実感致します。しかしながら私は日々の仕事を通して・・これからは国際貢献が出来るような焼き鳥屋、釜飯屋に一歩でも近づけるような企業にしたいと願っているのですが・・・・・・・・・来年も宜しくお願いいたします。 調理師 長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 子連れ・家族で食事 デリバリー・ケイタリング
和食・日本料理 東京農業大学 農大 クーポンは焼鳥 釜飯 宴会 居酒屋 出前
鳥へい ホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-12-27 03:49 | 政治 経済 文化
今年も・・もてなかったなー・・・これはと思う女性とは、うまくいかず!
親父は、この年にも関わらず20代の女の子が好きなので、けっこう遊んでは、いただいてるのですが・・・なかなか、この女性はと言う人には当たりませんねー。年が40歳も違うのですから致し方ないと言うよりは当たり前なのですが・・・。

ただ遊んでいても、デートしてても、飲んでても、その子に叱られたり、冷たくされても、その年代の女性が気が合うので困ってます。少し上の女性だと緊張して、デートが終わった後、疲れてしまい・・長続きしない事が多いようでした。

これでは一生好きな女性には、めぐり合う事は無いのでしょう。周りの人には本気で女性を捜してないからターゲットが狭い・・などと言われるのですが・・広くしても直ぐに元に戻ってしまいます。あきれた・・ダメ系親父なのでしょう。

それでも焼き鳥・釜飯・日本料理は・・・料理人として旨い料理・・・接客は楽しみであり・・自分が出来る唯一の事なので、これからもしっかり仕事をして・・もう少し仕事の幅をを広げていけたらと願っているのですが・・・さて・・・来年はどんな年になるか楽しみにしていたいと思います。調理師 長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 子連れ・家族で食事 御誕生会 和食 日本料理
年末年始営業 東京農業大学 農大 クーポンは焼鳥 釜飯 宴会 出前 鳥へい ホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-12-16 23:30 | 政治 経済 文化
中国残留孤児・・・国に賠償を求めた訴訟で、神戸地裁で勝訴!
永住した中国残留孤児に対する自立支度金が始めに一人32万円のみで、その後の国の支援が何も無く・・生活保護需給率は61%に上っている事、孤児の2500人の平均年齢が65歳となると・・・・朝日新聞に報道されてました。

子供時代に親や近所の人々に聞いた事などを思い出しました。日本政府、日本軍が中国に満州国という傀儡政権を作りそこに・・日本の大不況などもあり全国から農工商・・全ての分野の人々が満州国に・・仕事と利権を求め全国から殺到したと言う事です。

その後・・日本軍の敗戦と言う事もあり、その人々が・・裸同然で日本に引き上げて来たと言う事なのです。その大混乱の中で親が死んだり、子供を連れて逃げることが困難となり・・置き去りにされた子供達なのです。

私と5歳位しか違わないのに・・中国に一人で放り出され子供達の・・悲惨な人生を思うと暗澹たる気持ちになってしまいます。老人となって・・その人達がやっと日本に帰ったら・・今度は日本でまた国の支援が無く・・捨てられてしまったのです。裁判所が・・やっとその国の不誠実さを・・賠償と言う形で今回の判決となりました。

先の・・国の戦争責任の後始末が・・日本人にも外国人にも、国内的にも、国外的にも・・まだ全く終わってない事を痛感してしまいます。何時の時代でも犠牲になるのは子供と庶民です。国の政策を行なう時の的確な判断と実行、責任と後始末は・・これからも日本政府に求められる事であると思います。          調理師 長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 子連れ・家族で食事 お誕生会 和食 日本料理
東京農業大学 農大 クーポンは 焼鳥 釜飯 居酒屋 宴会 鳥へい ホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-12-04 02:10 | 政治 経済 文化
30年ぶりに鳥取まで飛行機に乗って・・墜ちるのが怖くて!
世田谷経堂から緊張しながらフライトの3時間前に電車の乗って品川まで行きました。そこで京急が、どこか解らなくなりました。京急は羽田にも、成田にも行っているのです。聞きまくりながら、やっとの思いで羽田行きに乗りました。

着いたらANAを目指し固い床の上をどんどん歩いてサービスカウンターのきれいなお姉さんに尋ねたら画面が出てる機械で切符を直ぐ出してくれました。まだ時間が1時間半もあるのでトイレや買い物に行きながらロビーで・・・不安な小学生と言う感じで待ってました。

途中で飛ぶのが怖くて不安になって滞在先の女性にメールをしたら、私も同じ便だから大丈夫・・乗るの同じ便に?知らなかった・・・・私が一緒だからとの返事・・・私がいるから大丈夫なのかと???・・・そういうものかと女性は度胸があるなと・・・一人ですごいなと我ながら感心してしまいました。

バスに乗って飛行機に乗ったら前の席でその女性はもう寝てました。時間が来て離陸・・・夜なのでどちらが下で上かがわからなくなりました。上下に明かりが見えるのです。私はもう諦めました・・・どんな事が起こっても・・人はそれに従うしかないと心で神様に祈りをささげてました。

飛行機は3万メーターまで上がって下は何も見えず1時半後・・・・降下を続けながら鳥取空港が見えてきました。ドンと地面に飛行機が着き・・・・私は新たな命を頂いた敬虔な気持ちを持ちました。しかしそれから3日たって・・・・・・・私はただの人に戻ってしまいました。。 続きは親父の人生日記に!                     調理師 長谷川一平

東京・世田谷・経堂 深夜から朝まで営業 御誕生会 子連れ・家族で食事 和食 日本料理
東京農業大学 農大 クーポンは 焼鳥 釜飯 居酒屋 宴会 鳥へいホームペイジに! 
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-11-25 23:13 | 政治 経済 文化