鳥へい日記

焼き鳥 釜めし 居酒屋 宴会 忘年会 新年会 座敷 朝まで営業 子供連れ 家族 女性一人 食事 定食 出前 出張料理  保護者会 クラス会 お誕生会 お持ちけり テイクアウト
鳥へいのホームページはこちら

by kyodo-torihei
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
政治 経済 文化
経営者の人生日記
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 04月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
西郷輝彦のつぶやきblog
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
   本日のお客様    男のプライド!
ご予約を、いただいてお召し上がりいただいたのですが。奥様がご主人に多少きつく着席の指示をされていました。見るからに、ご主人は、元大会社の重役を歴任されたような感じの80才過ぎと思われる男性でした。然し、年も80才を過ぎ、体も弱り、力関係が奥様と逆転し,奥様がすべてを仕切っていました。奥様の、物言いが気に入らないらしく、怒って、すこしいらだってました。私が時々、お声をかけ、お帰り時には   ありがとうございます!  と目を見てお話しますと、大変うれしそうな顔をされてました。お金でもなく、地位でもなく、  人に普通に接してもらうという事で、その人の、気持ちというか、何か魂が喜んでいるように見え、感じました。老いては、子に、妻に従えですが、人間として家族にも、他人にも普通に優しく接する事が出来れば、いいなと感じました。どんな人にも、どんな時でも、優しく、さらりと他の人と良い人間関係を作れるように、なりたいなと  本日のお客様 !  にお会いして、いろんな事を考えさせられました。皆さんは、配偶者やお父さん、お母さん、兄弟にどんな風に接してますか?
                           鳥へい   長谷川一平
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-01-23 01:42
日本テレビ  いつみても波乱万丈
本日,制作ののスタッフの方がきて下見していきました。  番組名  いつみても
波乱万丈。  副題、  高田順次編。もしかして、決まりましたらお知らせします
                     鳥へい  長谷川一平
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-01-23 01:11
        二月の料理  簡単、豚の角煮
   材料、 豚ばら肉、500グラム.生姜薄切り5枚、ねぎの青い部分3本,砂糖          カップ二分の一。醤油カップ二分の一。からし、少々。
1、豚肉をそのまま大きい鍋に入れ,水から茹でる。沸騰してから、5分ほど茹                   で、一度茹で汁を捨てる。
2、再び鍋に豚肉を入れ、水を豚肉より5センチ程高く入れ、青ねぎ、生姜、砂            糖を入れ、アクを取り一時間程煮る。(スーと竹串が通ればOKです)
3、汁が豚肉の二分の一ぐらいの高さになったら、醤油をいれ、豚肉の高さの            三分の一まで煮詰める。(時々四面を汁につけ色付けをする)
                                                                                                                    最後に甘さ、辛さは、砂糖、醤油、水で好みに調整する。豚肉が冷めたら、冷蔵        庫で一週間はOKです。お出しするときは、お好みで豚肉を切り、レンジなどで         すこし 暖め、野菜や、からし、レモンなどを添えるといいなと思います。
                                     調理師  長谷川一平a0016380_4484228.jpg
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-01-11 04:49
   インド洋津波    人の運命はわからぬもの  
私が子供の頃、チリ地震津波があり、その頃は、宮城県の田舎に住んでいたと思う。子供心に地震が来たら高いところに逃げる。その事は58歳の今でも頭と言うより体に染み付いている。伊豆などで温泉に浸かっていても、その事が頭をよぎってしまう。もうひとつは洪水のことである。台風シーズンになると必ず枕元に靴と服を置いて寝たものである。深夜に半鐘がカン、カン、カンと連打されると子供心に洪水に対し、どう行動すべきかを考えていたものである。あれから50年の時が過ぎ、すべてが進歩したが、私たちはあいも変わらず火山の塊の上の薄い土の上に住んでいる。素粒子やニュウトリノ、などの最先端の科学が進んでも,地殻の変動や地球の温暖化、自然災害などで人と言う種が滅んでしまうという弱さをここで改めて思ってしまう。。医学、栄養学,遺伝子学、宇宙物理学、などの学問が多少すすんでも、世界の人口増加、炭酸ガスの排出量による地球温暖化等を考えただけでも人が、今後生き延びられる可能性はかなり低いものだと考えなくてはならないと思う。今後、中国、インドの人口増加はかなり深刻な問題として私たちの前に現れるだろう。                        それはそれとして思うのは、どんなに、つまらなく、だめで、馬鹿で、金がなく、もてなくても、こんな時代だからこそ、生きられるだけ、生きるべきと思う。人は生まれ、老い、そして死ぬのだから、だからこそ、僕は、日々歩ける事、食べられる事、眠れる事、朝日が昇る事,雪や雨の降る事、そんな当たり前のことを最近はうれしく思うのですが、お若い皆さんには、あまりピンと来ない話だったでしょうか。  今年が皆さんにとって良い年になりますよう願ってます。
                                    調理師  長谷川一平
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-01-10 05:41