鳥へい日記

焼き鳥 釜めし 居酒屋 宴会 忘年会 新年会 座敷 朝まで営業 子供連れ 家族 女性一人 食事 定食 出前 出張料理  保護者会 クラス会 お誕生会 お持ちけり テイクアウト
鳥へいのホームページはこちら

by kyodo-torihei
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
政治 経済 文化
経営者の人生日記
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 04月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
西郷輝彦のつぶやきblog
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
バイクの駐車違反の取り締まりに、この国の根本的な問題が潜んでいる!
駐車違反取締りの民営化に向けてなのか異常な駐車違反の取締りが行なわれているように思う。一警察官は命令で動いてるので、これは仕方ないが警察庁の担当部署はどういう考えで駐車違反を取り締まっているのかよくかわからない。駐車違反の取り締まりは道路の利用に付いて道路交通法に基づいて行なわれている。

今まで国内のバイクの駐車について道路を管轄する国、都,区、、警察庁、地域住民、バイクの生産する大企業、バイクの利用者との協議など行なわれる事はなく、どちらかと言うと法務省の官僚が原案をつくり 国会で法案が成立し施行され、それに違反するから、罰金を払いなさい。払わないと刑務所に入れますと法律には書いてあります。・・・・・・・・実は最近、駐車場以外にバイクはどこにも止める事ができない様に・・・・・・どこでも置けるからバイクの便利さがあるのに・・・・・・・そこにバイクの利用者、バイクの生産者、地域住民、道路管理者、警察等の協議等がしっかり行なわれないで法案、道路利用が決まって法の主旨や意味が解らず違反だから、取り締まられるという繰り返しが今までずーと行なわれてきている。

道路は私たちのものであり、利用、制限は私たちが考え国や地方に意見を述べてこなかったつけがたまってしまったわけである。また法務省、警察庁の職員、警察官は私たちが雇っている事を国民が忘れてしまっている事に問題があると思う。私たちが変わらなければならない構造改革とは、お上が国を動かしているのではなく、自分たちがこの国を動かしているという自覚と責任があるという事に速く目覚めなければならない。

政治家や、官僚、警察官が悪いのではなく、私たちが権利である意見を述べたり、選挙に行かない責任のほうが重いと言わねばならないと思う。この国を利用しやすく、住みやすく便利に、楽しい国にすると共に、次世代につないでゆく責任を私たちが持っているという事をそれぞれ個人が自覚しなければならないと思う。   

           世田谷経堂  居酒屋  鳥へい  長谷川一平
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-09-28 00:02
この前の最高裁判事の国民審査の意味と内容がわかりましたか?
これまで、わが国の政策として国民審査の意味を知らしめないで国民審査を国民にさせると言う不文律が行政の全てにあり、現在まで続いてきたと言う事だと思います。

勿論、税金、年金、法律、登記、役所への届出、数え上げればきりがありません。日本国民は優秀ですが、この国の制度を変えるとか、新しく変革する、そして自分たちがこの国を動かしていかねばならないという事を小学校から大学に至るまで学べる体制ではなく、どちらかと言えば国に対し文句も言わない、よき勤め人なるよう教育されてきたと思います。

大事な事は国の行なう事、地方で行なわれてる事は、全ての国民がわかるように現在に至るまで、なされて来なかったといえる。

国民審査の例をとりましょう。最低誰が見ても裁判官が思想的に右か、左か、 護憲か,改憲か、市民派、国側かは最低わかるようにして国民審査を受けられるように、国も官僚も、国民も現在までしてこなかった。これからは誰でも簡単に審査ができるようなグラフや表ができる事を望みたいと共に報道もしっかり、最高裁判事は憲法判断にかかわる事が多いのでしっかり報道してもらいたいものである。

この国の行政、全てが国側ではなく国民に解りやすく、参加しやすいように変わらねば、この国の未来はかなり暗いものになると思います。高齢化は問題であり、少子化は更なる問題ではあるが、これからの国民の力をどうやって引き出し,個人がそれぞれ能力を発揮し、それなりの人生が楽しめる国家となる第一歩を踏み出さねばならないと思います。

皆さんにとってこの国の行政サービスは快適で、解りやすいですか、個人の能力をうまく引き出せてますか?・・・・・・

                 世田谷経堂 釜飯屋 鳥へい  長谷川一平
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-09-27 01:58
最高裁の違憲立法審査権、、今ある法律が、、合憲か?
先日、海外にいる日本人の選挙権が小選挙区で行使できないのは違憲であるとの判決が出た。それに対応して、政府、国会は判決に従ってその趣旨に沿った、法律を国会に提出し、立法化しなければならない。

小泉改革によって最高裁も、やっと現実に沿った判決ができるようになった。最高裁が求められるのは現在施行されている法律が憲法の趣旨と合っているかの判断である。戦後60年最高裁は大事な憲法判断を避けてきた。

それは自衛隊が憲法9条の一切の軍備を保持しないという文言についてである。この文言からは自衛隊は当然に違憲であり、それにもとずく自衛隊法、イラク派遣法まで自衛隊に関する全ての法律が違憲なものとなり、憲法違反となる。

1945年の敗戦後、自衛隊は朝鮮半島で起こった朝鮮戦争の頃、アメリカ政府の強い要請で警察予備隊、そののち自衛隊として名は変わったが現在では世界で5位以内に入る立派な軍隊であり日本は軍事大国なのである。戦争に負け、平和国家として出発し、近隣の朝鮮戦争、ソ連の脅威等の理由によって自衛隊が現在まで存する様になった経緯がある。

今日まで数々の自衛隊違憲の訴えが最高裁に起こされたが最高裁は其の事の判断をしてこなかった。高度な政治的問題であるとの判決で、しかし戦後60年経った今、現在憲法に照らし合わせるとと自衛隊法は明らかに憲法違反で最高裁は自衛隊法、イラク派遣法と、その他の自衛隊に関する法律は憲法に違反とする判決を下すべきである。

仮に其の判決が出たならば直ちに政府、国会は憲法改正を行なうべきである。現在まで護憲派と改憲派との議論は戦後60年間、尽くされたと思う。新しい時代にあった憲法を作らなければならない時は今であり、其の事が国民に求められているのではないかと思う。

だらだらと違憲な法律を作り、内閣法制局などで解りにくい無理な憲法解釈をする事は国民に解りにくいだけでなく、近隣の中国,韓国などに付け入られる事になる。しっかりした理念のもとに新時代に適合した憲法改正を図るべきであると思います。皆さんはいかがですか?
            
           世田谷経堂  釜飯屋  鳥へい  長谷川一平
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-09-17 13:34
小さな政府、民営化後のこれから起こる二つの大きな問題点!
郵政民営化の後の問題点。700兆円の [国の借金」 をどうするか。・・・・・・・・

1)このまま返済と利子を払い続けるか。2)消費税や他の税金を上げて支払いに当てるか。3)インフレを誘導して支払いを楽にするか。4)国と地方のサービスを50%削減し、医療、年金その他も同じく減らす。5)やれるだけやって、国家破産し、国債は0円となり、年金、医療保険は支払い不能となる。等々いろいろ考えられるが、このまま小さな政府、民でできる事は官ではなく民にと言う感じで進んでいくと思うが、いろいろな大きな問題が出てくる。

一つは持てるものと持たざるものと言う二つの所得階層に別れ、低所得層は子供の就学,最低の生活さえできない層が30%から40%ぐらい出てくるという大きな問題である。誰でもが高等教育受けられる、またもう一度立ち直れるセーフティーネットの構築が急がれる事になるであろう。

もう一つは民営化が全て効率が良いとは言えないと言う部門が必ず出てきて、将来修正を余儀なくされると思う。イギリスのサチャー政権の時に民営化を強行に進めて、イギリス病といわれた経済不況を立て直した。その後、サッチャー政権に対する反対と言う形で現在のブレア政権となり上記の問題を解決すべく現在に至っている.

わが国も民営化すれば全てが終わりではなく、始まりであり新しい試行錯誤の時代に入っていくという事だろう。私たちはその時、その時の問題を選挙をとうして政権を選び自分たちで、この国の舵取りをしていかねばならない時代に入ったという事だと思います。そしてまた財政にも関わる事ですが少子化に対応する法律の作成と保育施設などの社会資本の充実をこれからどうするかなど、・・・・・・・・・・・・・・・そんな先のことまで考えてしまう深夜でした。
          
                  世田谷 経堂  出張料理 鳥へい  長谷川一平
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-09-07 02:13