鳥へい日記

焼き鳥 釜めし 居酒屋 宴会 忘年会 新年会 座敷 朝まで営業 子供連れ 家族 女性一人 食事 定食 出前 出張料理  保護者会 クラス会 お誕生会 お持ちけり テイクアウト
鳥へいのホームページはこちら

by kyodo-torihei
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
政治 経済 文化
経営者の人生日記
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 04月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
西郷輝彦のつぶやきblog
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
少し暇になって先日の外務省中国駐在の職員の自殺を思い出して!
確定申告、消費税の支払い、独身であるゆえに忙しくブログを書けませんでしたが、少し落ち着いたので各国の諜報活動について過去の身近な話からお話したいと思います。最近は北朝鮮の日本人拉致問題、さかのぼっては元韓国大統領 キム デジュン氏の日本から韓国への韓国CIAによる誘拐等が思い出されます。

多少の間違いがあるかもしれませんが・・・・アメリカの例をとりましょう。国内はFBI、国外はCIA、国家安全保障局他・・・政府の機密機関が数十あり、国防省の中に大きな諜報機関がさまざまあります。最近問題になったのは数々の情報機関組織があるのにニューヨーク貿易センターでの大災害です。多くの予算、人員、を抱えあの災害を水際で食い止められずあのような大事故になった事の反省です。

勿論、これらの諜報機関は世界で活動してます。外国の政権の応援、転覆、情報収集等さまざまな事が行なわれています。その事は別にして今回問題になってるのは、それぞれの連携が取れず全く貿易センター大災害事件についての情報が入らなかった事です。

組織論で一番問題なのは国民の為ではなく自分の組織の拡大を考えてしまい、国益を忘れてしまうと言う事です。国の光と影のうち影の部分ですが影の部分が一人歩きし役に立たなくなってしまうと言う現実です。

この問題はわが国の役所と同じなので説明は省きます。このような諜報機関の行動もアメリカでは何年かすると情報が公開されます。そのような情報公開と議会の追求とかがあり常に国民の目にさらされ、その行為が是か非かが常に問われてます。

その点わが国の情報公開制度の遅れが気にかかります。国家の光と影の問題についてお話しました。つまらないかもしれませんがいろんな事を私達は知っておかねばならないと思います。 又次回に!     長谷川一平

東京世田谷経堂 深夜から朝まで営業 子供 家族で食事 東京農業大学 農大 割引クーポンは 焼き鳥 釜飯 飲み放題 宴会座敷 鳥へいホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-03-30 05:53
昨日は農大の卒業式で大忙しでした。それで私のこれまでの人生を!
毎年、鳥へいの愛用者の学生さんが卒業してゆきます。それぞれの人生を男も女も歩んでいくのだなーと思うと何かジーンと来るものがあります。自分も大学を出て会社に入りなんとなく定年までは行くのかなと思っていたら焼鳥屋になってしまいました。

上場会社に入り、えらくは、なれなくとも、そのまま定年までと思っていたら会社を数社転職してしまい最後は自分でサラリーマン失格の烙印を自分で押さねばならない事になりました。
さりとて自殺する勇気も無く、いつも行く桜上水の焼鳥屋 鳥一 今はもう無いのですがその頃大変良くして頂き、遅くなると住まいに泊めていただくほど仲良くしていただいてました。

サラリーマンを辞めて田舎の仙台にでも帰ろうとしていたところ帰っても何もやる気は無かったのですが。どうせだめなら焼鳥屋でもやったらと言われ、俺も昔はサラリーマンだったと言
う話からご主人の修行先である 銀座鳥ぎん を紹介していただき三年ほど修業の後、お金が無かったのですが・・・現在の経堂の店が予算の範囲内だったので一発で決め、現在に至ります。

修行中はゴミ箱の掃除、仕込み部屋での一日中の串刺し、休みは赤坂の支店で日本料理の手伝いながらの和食の勉強と全くの素人でしたので思い切り勉強しました。先輩職人より技術は、まだまだでしたが知識はかなりの上をいっていたと思います。

店を出してからも茶懐石を・・・・有楽町 胡蝶 料理長 後藤紘一良先生につき12年間、勉強して流派の料理師範のお許しをいただきました。。サラリーマン時代と比べると収入は半分になりましたが現在の居酒屋親父は気に入っています。農大生の卒業を見ながら我人生をふり返ってしまいました。又次回に   長谷川一平

、東京世田谷経堂 深夜から朝まで営業 子供家族で食事 東京農業大学 農大 割引クーポンは座敷宴会 飲み放題 和食 出前 宴会  居酒屋  鳥へいホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-03-22 01:51
競争社会の中での貧富の格差の話から今は亡き父の話を思い出し!
父は山形県米沢の在の川西町と言うところで七人兄弟の一番下の男の子として生まれたと聞いてます。彼については、これから何十回でも話しになる事はありますが・・・今回は貧乏の話をしたいと思います。

家は農家で小作でわずかの田んぼと畑しかなく、当時は大地主制度がありましたので耕作物の何割かを地代として収めると家には食べるものが、ほとんど無かったと聞いてます。農家なので馬があったので今で言う運送業をして近在の荷物を運んで手間賃をいただいてやっと生活していたそうです。しかし父は大酒飲みで本人は帰らず馬だけが自宅に帰ってきたそうです。

そんな状態の中で彼が尋常高等小学校の最後の修学旅行に同じ県内の海を汽車で見に行く事が学校で決まっていたそうです。本人は修学旅行のお金も無く、また着るものがないと言う状況なので行かないと決めていたそうです。そうしたら彼の母親が行って来いといと言ってくれ 着物と汽車賃は・・・何とかすっから心配スンナとやさしく!・・・と言ってくれたそうです。

皆さん着物はどうなったと思いますか?母親は布団の表布を外して旅行用の着物を作ってくれたそうです。彼は大正四年生まれですので、昭和元年前後の頃だと思います。日本の農家は60年前の敗戦、アメリカの占領までは多くは小作農で、大地主に地代を払ってました。

戦後わが国の敗戦で封建制度の元凶としてアメリカ占領軍の命令により日本の農業における地主制度と日本の経済を支えていた大財閥は崩壊したのでした。とにかく貧乏と言えば日本中が貧乏だったのです。国内や輸出する為の工業は多少ありましたが、わが国はある意味の農業国家だったのです。

その事もあり資源と市場を求めて日本は台湾、中国、朝鮮、東南アジヤへの海外進出を図り国の財政・経営破綻を海外侵略によって埋めようしたのだと思います。戦争・・実は現代でもそうなのですが・・・資源をめぐる中国との尖閣諸島の資源問題等々・・・実は経済問題なのです。

皆さんがどんなに貧乏になっても、仕事が亡くなっても当時のような事にはならないので、何とか工夫をすればどんな状況でも生きていける事は保障できると思います。また次回に!
                                         長谷川一平

東京世田谷経堂 深夜から朝まで営業 赤ちゃん 子供 家族で食事、お母様の宴会 東京農業大学 農大割引クーポンは 座敷で宴会 和食 鳥へいホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-03-14 00:45
三月の料理  ほうれん草の卵炒め・・・・・・おひたし・・・冷凍・・二人前
材 料  ほうれん草一把   サラダ油大さじ3  卵大2こ  醤油少々  砂糖小さじ1

作り方  
1)鍋に、たっぷり水を入れ沸騰したら、ほうれん草を根元から入れ、最後に葉のほうを       入れて硬めに茹で上げ水にさらし水を切り、ざるに上げておく。
2)ボールに卵2個を割って入れ醤油、砂糖を入れかき混ぜておく。

3)中華なべを熱しサラダ油を大さじ1を入れ、ほうれん草を一人前を温まるまで軽く炒め
a0016380_434194.jpg
、さらにサラダ油を大さじ1入れとき卵を流しいれフワフワになり固まってきたら、再度サラダ油を大さじ1入れて形が出来る程度の柔らかさで中華なべから取り出す。

4)余ったほうれん草はおひたしに、それでも余ったらラップで小分けして冷凍庫に保存してください。インスタントラーメンの具や、吸い物、炒め物に色々と活用できると思います。
                                 長谷川一平

東京世田谷経堂 深夜から朝まで営業 赤ちゃん 子供 家族で食事 東京農業大学
農大 割引クーポンは 出前 宴会 座敷 鳥へいホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-03-05 04:03
ヒューザー小嶋社長がデートの現場を写真週刊誌に!
真偽の程は解らないのですが・・・・・・私も、彼の立場だったら案外そうしていたかもしれません。彼に奥さん、子供がいるか、いないのかは興味が無いので解りませんが?

ただ男が破産して一文無しになった時、一番して欲しいのは皆さん何だと思いますか。被害者の皆さんには申し訳ないのですが・・・・私なら大好きな女性のところに行って抱きしめてもらいたいと思うのですが。

昔、侍が城を守っていて、敗戦となり、いざ落城となり侍が全員討ち死に言う時には最後は愛する人に少ししっかり抱いてもらって、侍らしくしっかり死ぬのですよと引導を渡してもらわないと多分、潔く死ねなかったように思います。

勿論、歴史には出てこない男の女々しさですが、・・・もし、私が破産し、無一文になって、そのときに愛人の誰かが私のところに来てという言葉があり、あんたなら、またやれるわよ!と言う言葉を掛けられ、しっかり抱きしめられたら男はまた戦えるように思います。

男は所詮、女性から生まれ、死ぬ時も女性に抱きしめられ、最後は愛する女性の下に心も体も帰って行きたいという本能があるように思います。たいていの男は外でえらそうなことを言ってても、好きな女性の前では言いなりなものだと思います。

わけのわからぬ話を書きましたが男は女あっての男だという事です。それほど男は女性に左右されやすい生き物であると思います。私も女性に支配されたいと思ってるのですが誰も未だにずーと現れません。

あまりもてないので私は一人で人生を戦えと神様が言っておられるような気がしてます。皆さんがそん事無いよと言う励ましの言葉を期待して・・・・・・・女があっての男の話を終わりたいと思います。                                  長谷川一平

東京世田谷経堂 深夜から朝まで営業 子供 家族で食事 東京農業大学 農大の割引クーポンは焼き鳥、釜飯 座敷 宴会 和食 鳥へいホームペイジに!
[PR]
by kyodo-torihei | 2006-03-01 04:36