鳥へい日記

焼き鳥 釜めし 居酒屋 宴会 忘年会 新年会 座敷 朝まで営業 子供連れ 家族 女性一人 食事 定食 出前 出張料理  保護者会 クラス会 お誕生会 お持ちけり テイクアウト
鳥へいのホームページはこちら

by kyodo-torihei
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
政治 経済 文化
経営者の人生日記
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 04月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
西郷輝彦のつぶやきblog
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バイクの駐車違反の取り締まりに、この国の根本的な問題が潜んでいる!
駐車違反取締りの民営化に向けてなのか異常な駐車違反の取締りが行なわれているように思う。一警察官は命令で動いてるので、これは仕方ないが警察庁の担当部署はどういう考えで駐車違反を取り締まっているのかよくかわからない。駐車違反の取り締まりは道路の利用に付いて道路交通法に基づいて行なわれている。

今まで国内のバイクの駐車について道路を管轄する国、都,区、、警察庁、地域住民、バイクの生産する大企業、バイクの利用者との協議など行なわれる事はなく、どちらかと言うと法務省の官僚が原案をつくり 国会で法案が成立し施行され、それに違反するから、罰金を払いなさい。払わないと刑務所に入れますと法律には書いてあります。・・・・・・・・実は最近、駐車場以外にバイクはどこにも止める事ができない様に・・・・・・どこでも置けるからバイクの便利さがあるのに・・・・・・・そこにバイクの利用者、バイクの生産者、地域住民、道路管理者、警察等の協議等がしっかり行なわれないで法案、道路利用が決まって法の主旨や意味が解らず違反だから、取り締まられるという繰り返しが今までずーと行なわれてきている。

道路は私たちのものであり、利用、制限は私たちが考え国や地方に意見を述べてこなかったつけがたまってしまったわけである。また法務省、警察庁の職員、警察官は私たちが雇っている事を国民が忘れてしまっている事に問題があると思う。私たちが変わらなければならない構造改革とは、お上が国を動かしているのではなく、自分たちがこの国を動かしているという自覚と責任があるという事に速く目覚めなければならない。

政治家や、官僚、警察官が悪いのではなく、私たちが権利である意見を述べたり、選挙に行かない責任のほうが重いと言わねばならないと思う。この国を利用しやすく、住みやすく便利に、楽しい国にすると共に、次世代につないでゆく責任を私たちが持っているという事をそれぞれ個人が自覚しなければならないと思う。   

           世田谷経堂  居酒屋  鳥へい  長谷川一平
[PR]
by kyodo-torihei | 2005-09-28 00:02
<< 10月の料理   カツオと大根... この前の最高裁判事の国民審査の... >>