人気ブログランキング |
鳥へい日記

焼き鳥 釜めし 居酒屋 宴会 忘年会 新年会 座敷 朝まで営業 子供連れ 家族 女性一人 食事 定食 出前 出張料理  保護者会 クラス会 お誕生会 お持ちけり テイクアウト
鳥へいのホームページはこちら

by kyodo-torihei
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
政治 経済 文化
経営者の人生日記
以前の記事
2020年 05月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 04月
2015年 04月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
西郷輝彦のつぶやきblog
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライブドアーの仮処分申請   会社誰のものか?
鳥へい親父から見ると、フジテレビ、日本放送の立場はわかるが、一般株主が不利益をこうむらない新株予約発行ならば、企業の防衛としては、当然であるが、今回は、ニッポン放送、フジテレビ、ライブドアーではなく、一般株主が損をする可能性が高い。新株発行の予約権の行使は企業防衛の手段としては、一般株主の保護という観点から見て、今回の裁判所の決定は、まあ妥当な判断であると思う。

会社は誰のものか?社員、社長、銀行、株主その他の利害関係者もあるが、もっとも大切に扱われねばならないのは、株主であると思う。なんでもかんでも世界の企業会計基準と言うのもどうかと思うが、日本の経済社会でも、一般の株主が、国や会社の利益より優先されねば、世界経済の中で通用しないだけでなく、会社、銀行の持ち合いなどして国際的な日本株価の評価が二割、三割と言う安さでは、これから、ますます、この手の買収は多くなるだろう。これから日本経済にとって大切なことは個人、一般大衆の利益、そのことを念頭に置いた政府の経済政策、構造改革、小さな政府、などを早急に進めねばなないのだが、国民も、政府もまったく気がついていない。いまだに政党の利益や、役所の利益など必死で追い求めている。これでは、中国、インド、韓国だけでなく、他の国に負けてしまう。

政治も三十才、四十才ぐらいの人が中心になってやっていかねばならない?この国の年寄りが政治、経済から身を引いてもらいたいのだが、いつまでも、どうして、この事が、わからないのだろうか。わが国が全ての意味での競争に負けてもわかんないのだろうか。若い人がいろんな仕事に活躍できる環境づくりこそが今日本に求められている.その事を理解し、改善しようと思っている人が増える事と国民、一人、一人がこの国の政治にも経済にも参加し意見を述べる事をを心から切望しています。

 東京世田谷経堂 飲み屋店主             調理師   長谷川一平
# by kyodo-torihei | 2005-03-12 03:34
   友人の死の知らせ!      彼の生涯を想う。
彼は、私と同じ58歳でした。いろんな事情で、数年前に離婚をし、一人暮らしでした。
彼は,孤独死でした。解剖の結果,心筋梗塞でした。彼は、建築の専門家でした。
いつも,熱く夢を語ってました。昨日まで、夢のために仕事をしてました。私も彼と同じ
独り者です。彼の一生と自分の一生が重なり、何か、複雑な寂しさを覚えました。

夢が叶う、成功するなどという人はあまりいないでしょう。人が生き、そして死ぬ
その間,その人なりに精一杯生きれば、私はそれで十分なような気がします。
私も、家族や、知人にずーと迷惑をかけて生き続けてきました。私はその人達に
何の恩返しも、いまだに、これからも、何のお返しもできないかもしれません。

私に出来るのはどんなにだめでも、愚かでも自分なりに生き続ける事だと思ってます。
皆さんにも、いろんな事があると思いますが、ただ生き続ける事、その事だけでも
すばらしく、かっこいい、素敵な事だと思います。  自分の一生を振り返る朝・・・・・・・

     東京世田谷経堂、 鳥へい  調理師  長谷川一平
# by kyodo-torihei | 2005-02-17 03:56
三月の料理  豚玉キムチ  (二人前) 鳥へい名物
材料  豚肩ロース50グラム、 キムチ50グラム  卵1こ (といておき、塩、砂糖           少々入れる)  ニラ少々  砂糖おおさじ1 サラダ油大さじ3 。
       

     (1)サラダ油をフライパンに大さじ1入れ、豚肉を赤みがなくなるまで炒める。
        
     (2)そこにまた、サラダ油大さじ1、キムチを入れ、ニラを入れ,砂糖を入れ、              熱くなるまで炒める。

     (3)最後にまたサラダ油大さじ入れ卵を流し入れ、卵に油をふわっと含ませて
        半生に仕上げる。

     プロの料理人が賄いで10人から20人などと大量に作る時は,肉、魚などを
     下処理し、野菜のあまりなどを入れてキムチと最後に卵を入れ、蒸し煮にして、              大鍋で作っても美味しいメインのおかずになると思います。

      東京世田谷経堂  鳥へい  調理師  長谷川一平三月の料理  豚玉キムチ  (二人前) 鳥へい名物_a0016380_22502877.jpg
# by kyodo-torihei | 2005-02-15 05:35
      二月の挑戦     親父のチャレンジ!
今日は、二月の四日です。この年になると,マー、何時死んでもおかしくない年になりました。
若い頃から、多くの夢を見て、ことごとく達成できないで、五十八才になりました。でも、逆に六十才代だからこそ、出来ることもあると、いう感じがしてます。今年は、若い人と同じ土俵で仕事を、生活をしていきたいと、思ってます。年はとっても、感覚だけは彼らに負けないようしたいと思ってます。
                                                         店に、おいでになる、お客様でも、何時までも過去に、以前の成功に、こだわっている人は、話も、面白くなく、他のお客様と、仲良くなれないようです。悪くすると喧嘩をしたり、私どもに悪態をついてしまう人が多い様な気がします。
                                                         常にゼロの感覚で、人を、時代を、見て、その中で、それぞれの個性と、能力を発揮して、仕事を,人生を生きていければいいなと感じています。  皆さんは、今年は何が目標ですか?

                  鳥へい   調理師     長谷川一平
# by kyodo-torihei | 2005-02-04 09:23
   本日のお客様    男のプライド!
ご予約を、いただいてお召し上がりいただいたのですが。奥様がご主人に多少きつく着席の指示をされていました。見るからに、ご主人は、元大会社の重役を歴任されたような感じの80才過ぎと思われる男性でした。然し、年も80才を過ぎ、体も弱り、力関係が奥様と逆転し,奥様がすべてを仕切っていました。奥様の、物言いが気に入らないらしく、怒って、すこしいらだってました。私が時々、お声をかけ、お帰り時には   ありがとうございます!  と目を見てお話しますと、大変うれしそうな顔をされてました。お金でもなく、地位でもなく、  人に普通に接してもらうという事で、その人の、気持ちというか、何か魂が喜んでいるように見え、感じました。老いては、子に、妻に従えですが、人間として家族にも、他人にも普通に優しく接する事が出来れば、いいなと感じました。どんな人にも、どんな時でも、優しく、さらりと他の人と良い人間関係を作れるように、なりたいなと  本日のお客様 !  にお会いして、いろんな事を考えさせられました。皆さんは、配偶者やお父さん、お母さん、兄弟にどんな風に接してますか?
                           鳥へい   長谷川一平
# by kyodo-torihei | 2005-01-23 01:42
日本テレビ  いつみても波乱万丈
本日,制作ののスタッフの方がきて下見していきました。  番組名  いつみても
波乱万丈。  副題、  高田順次編。もしかして、決まりましたらお知らせします
                     鳥へい  長谷川一平
# by kyodo-torihei | 2005-01-23 01:11
        二月の料理  簡単、豚の角煮
   材料、 豚ばら肉、500グラム.生姜薄切り5枚、ねぎの青い部分3本,砂糖          カップ二分の一。醤油カップ二分の一。からし、少々。
1、豚肉をそのまま大きい鍋に入れ,水から茹でる。沸騰してから、5分ほど茹                   で、一度茹で汁を捨てる。
2、再び鍋に豚肉を入れ、水を豚肉より5センチ程高く入れ、青ねぎ、生姜、砂            糖を入れ、アクを取り一時間程煮る。(スーと竹串が通ればOKです)
3、汁が豚肉の二分の一ぐらいの高さになったら、醤油をいれ、豚肉の高さの            三分の一まで煮詰める。(時々四面を汁につけ色付けをする)
                                                                                                                    最後に甘さ、辛さは、砂糖、醤油、水で好みに調整する。豚肉が冷めたら、冷蔵        庫で一週間はOKです。お出しするときは、お好みで豚肉を切り、レンジなどで         すこし 暖め、野菜や、からし、レモンなどを添えるといいなと思います。
                                     調理師  長谷川一平         二月の料理  簡単、豚の角煮_a0016380_4484228.jpg
# by kyodo-torihei | 2005-01-11 04:49
   インド洋津波    人の運命はわからぬもの  
私が子供の頃、チリ地震津波があり、その頃は、宮城県の田舎に住んでいたと思う。子供心に地震が来たら高いところに逃げる。その事は58歳の今でも頭と言うより体に染み付いている。伊豆などで温泉に浸かっていても、その事が頭をよぎってしまう。もうひとつは洪水のことである。台風シーズンになると必ず枕元に靴と服を置いて寝たものである。深夜に半鐘がカン、カン、カンと連打されると子供心に洪水に対し、どう行動すべきかを考えていたものである。あれから50年の時が過ぎ、すべてが進歩したが、私たちはあいも変わらず火山の塊の上の薄い土の上に住んでいる。素粒子やニュウトリノ、などの最先端の科学が進んでも,地殻の変動や地球の温暖化、自然災害などで人と言う種が滅んでしまうという弱さをここで改めて思ってしまう。。医学、栄養学,遺伝子学、宇宙物理学、などの学問が多少すすんでも、世界の人口増加、炭酸ガスの排出量による地球温暖化等を考えただけでも人が、今後生き延びられる可能性はかなり低いものだと考えなくてはならないと思う。今後、中国、インドの人口増加はかなり深刻な問題として私たちの前に現れるだろう。                        それはそれとして思うのは、どんなに、つまらなく、だめで、馬鹿で、金がなく、もてなくても、こんな時代だからこそ、生きられるだけ、生きるべきと思う。人は生まれ、老い、そして死ぬのだから、だからこそ、僕は、日々歩ける事、食べられる事、眠れる事、朝日が昇る事,雪や雨の降る事、そんな当たり前のことを最近はうれしく思うのですが、お若い皆さんには、あまりピンと来ない話だったでしょうか。  今年が皆さんにとって良い年になりますよう願ってます。
                                    調理師  長谷川一平
# by kyodo-torihei | 2005-01-10 05:41
一月の料理  大学いもの作り方
1、サツマイモ2本(大)  砂糖カップ1、水カップ0.5  2、サツマイモを1cmの斜め薄切りにする。  3、サラダ油をサツマイモがかぶるぐらいにいれ油が170度ぐらいになったらサツマイモを入れ油の中で浮いて火が通ったら、カネザルにあげて置く。 4、砂糖に水を入れ半分に煮詰める。  5、煮詰まったらサラダ油を小さじ1、入れ、サツマイモ、と少量のゴマを入れ砂糖とからめる。          以上   完成したら皿の上で冷まして置く。
 女性の皆さんに好評です 。                   調理師。 長谷川一平。一月の料理  大学いもの作り方_a0016380_021497.jpg
# by kyodo-torihei | 2004-12-20 03:45
一年間、日記を見ていただきありがとうございます。
来年から、毎月鳥へい流のアバウトな料理を毎月,一品づつ紹介していきます。鳥へい日記は、恋愛から国際問題、地球環境まで感じた事を気ままに書いていこうと思ってます。また(楽食、楽心、楽生、<食のゼミナール>)というタイトルで新聞を一ヶ月毎に発信していきます。お楽しみに!


年末、年始、お盆は平常どうり営業してます。31日、元旦も例年どうり仕事してます。正月、経堂にいる人のご来店お待ちしてます。 、忘年会、新年会、宴会、食事、会合、クーポン、割引、飲み放題、承ります。        居酒屋 鳥へい   調理師   長谷川一平
  徒歩  経堂駅3分。  千歳船橋10分。  豪徳寺10分
  電車  小田急線の経堂。 京王線の桜上水、徒歩30分。 世田谷線の宮の坂、山下。       徒歩  15分
  車    赤堤通り。 城山通り。世田谷通り。環七。、環八。甲州街道。246。アクセス。

  営業時間  夕方5時から朝5時まで。 定休日 木曜日  朝まで営業の店



#IMAGE|a0016380_0281518.jpg|200412/22/80/|left|1200|1600#]
# by kyodo-torihei | 2004-12-20 03:15
香田証生君が私たち地球人に問うもの
君は悪くはない。不注意でもない。若い人が旅に出るのは、何かを探すための冒険である。旅は驚きや、発見、そして死の危険がある。だからこそ、君は日本を出て、各国を旅しながら自分の今後の生きかたを探していたのだろう。彼は正義を主張する国や、テロリストの犠牲になった。テロリストは旅人や、自分たちの理解者や、応援者まで排除して、孤立化の道を進んでいる。それでは敵対する国からだけでなく、イスラム社会からも孤立してしまう。自分たちの主張をテロではなく、他の方法で主張すべきである。どんなに時間がかかろうとも。
私達がこの地球に人として存在してから、ずうーと正義と言う名の人殺しを続けている。核の携帯化も進む、この時代に私達は人が、人を殺す事を止めなければ、この地球は、人の住めない星になってしまう。核の汚染、地球の温暖化、地震,地殻の変動、遺伝子の異常、これでは人が住めなくなってしまう。私達は他者を愛し、自分を愛し、他者を許し、自分を許さなければならない。地球の住人として、その事が出来なければ、地球の上で人は今後生き残ることは出来ない。他者に対する思いやり、尊敬、そして許し、が求められる。その事だけが我々がこの地球に生き延びる事の出来る唯一の方法なのである。今、人は遺伝子に書き込まれている滅びの設計図を自ら書き換えなければならない。他者を自分と同じように愛し、尊敬し、許す事、その事が今、人間として問われているのではないでしょうか?
皆さんはどう思いますか?                 長谷川一平
# by kyodo-torihei | 2004-12-02 02:55
          香田証生君とご家族に!      
                         詩
証生君、君は天使になった。君はただ、やさしくこの星をみている。すべてを許している。
ただ、微笑んでいる。人々が、愛と、平和に過ごせる星になるようにと、願い。
雨になり、風になり、海となり、星となり、ただ微笑んでいる。
                 お母様に                        長谷川一平
# by kyodo-torihei | 2004-11-15 03:27
10月の台風、新潟地震に・・・・・・・・・・
私たちは、毎日生きる事に追われています。私は、他人の財産、生活、幸福、などが気になる方で、恵まれている人を見ると、自分の置かれている状況と比べ,羨ましく思う事が多い。
そんな感じで毎日を、生きてきたわけだが・・・・・考えてみれば、狭くとも、住むところがあり、
孤独でも、お金がなくとも、いつも声をかけてくれる人が,すこしおり、細々何とか毎日を
すごせる事はありがたく、うれしい事である。57歳と言う年になると、ただ生きているだけでも
ありがたく、運がいいと思う.私達の住んでいる、地球の地面の下には、地震の震源が多く
あり、自然災害、いろいろな事故、また病気,生き続ける上で多くのハードルがある。そんな状況のなかでどうにか、一人の人間が、行き続け、生まれてから今まで生きていることは、生物学的に見ても、凄い事だと思う。野球の一郎君の安打記録はすばらしく、凄い事であるが一人の人間が生きて、今あることは一郎君の記録以上に、生物として奇跡的に、凄い事だと思う。できれば、人と人は、仲良く暮らして生きたいものである。しかしながら、世界の各地では、戦争、部族対立などで、アフリカ、アジアなど全体で、何百万単位の人達が殺されたり
飢餓や、病気に苦しんでいる。私たちが、アフリカやイラクやアフガニスタン、チェチェンに
生まれ、そこで生活してたらどうだろう。力強く生きていけるだろうか。大国の横暴な行為に対して静かに服従して、報復などしないで、無抵抗でいる事ができるだろうか。他者の苦しみ、痛みを真に感じる事は、難しいが、互いに相手を尊重して仲良く暮らしたいものである。日本で私たちが、この地球で生きているということは、幸運で稀なことだと思う。生きている限り困難にぶつかっても勇気を持って、肩の力を抜いて生きて行きたいと思う。・・・・・秋の夜長に何を思いますか。
                                                おやじ
# by kyodo-torihei | 2004-10-27 04:18
               思い続ける事!
   ずーと考えていた店の経営上のことについて、昨日、スーとひとつの結論に、達しました。頭も悪く、努力家でもなく、怠け者で、弱虫、そんな私でも、いろいろなお客さんに、いつも支えていただいている。一年の間に何十回となく、もう店を止めたいと思う事が多い。こんな、儲からない仕事したくない。とは言え私には、ほかにできる得意な仕事はないのだが。仙台の田舎に帰って、、のんびり暮らしたいと弱気になって、いつも落ち込んでしまう。そんな時、親しいお客さんの一言や、困る事があったら、何でもやってやるから、と言って会社の事務所を教えて下さる人びとの声で。この二十年、特に、この一、二年支えていただいた事を思う。何のとりえもなく、商売が上手なわけでなく、努力家でもない私がここまで来られたのは、お店のお客さんのおかげである。子供の頃から、多くの夢を見てきたが、ことごとく五十七歳の今まで夢はかなう事はなかった。いや、これからもかなわないかも知れない。だが・・
・・・・・夢を持ち続ける事、一時は休んでも、サボっても、思いを持ち続ける事で、自分の夢は、最初の形とは、違うかもしれないが、より現実的な形で、夢がかなうと最近、強く思うようになって来た。そうなるかも、ならぬかも、知れないが、死ぬまで、自分の夢を思い続ける事は、人が、生きるうえで,最も大切なエネルギーであると思うようになっている今日この頃です。皆さんの、、、 夢は何ですか。 喜びは何ですか。???大切なひとは。!!!
                                                oyaji

    2004年10月10日  経堂系  鳥へい  二階座敷にて
    ぼんぶるびー 特別公演     経堂落語会     打ち上げ
                          思い続ける事!_a0016380_4171660.jpg
。・・・・・        
# by kyodo-torihei | 2004-10-11 02:52
       ホームページ の  おやじの悩み相談室
     コンチハー
鳥へいの駄目で、馬鹿なおやじです・。人生ずーと失敗だらけです。一回も成功した事がありません。そんな人間でも何とかここまで生きてくる事ができました。そんなおやじだからこそ、ほんとに,辛いとき,迷っているとき、死にたいなんて、全く、先が見えないとき、ホームペイジのおやじの悩み相談室にメッセージしてみてください。書き込みだけでもOKです。皆で、考えてみましょう。結論が出なくとも、明日になればすべてが変わってきます。1ヶ月、3ヶ月、1年、3年、10年、経ったらどうでしょうか。たいしたことではない事が多いですね。一人で考えないで、話してみてください。何の、進歩もなく、ぐうたらでも、お金なくとも、才能0でも、彼氏、彼女、がいなくとも、貧乏でも、家がなくとも、生きていれば、たまには、生きてて、良かったなーと思える日が必ずあると思います。では、その人なりに、今日1日、過ごしましょう。明日は、明日の風が吹くだー。駄目でもガンガンいこうぜ???・・・・・・・・
                                              鳥へいおやじ
# by kyodo-torihei | 2004-09-24 02:11
       味,  各論、  10月の料理  仙台煮
秋になると日本人は、煮物が食べたくなる。私が、勝手に名を付けた故郷の煮物である。中身は、大根、にんじん、干し椎茸、ちくわ、または、山形の大きな麩、鶏肉、こんにゃくが主な材料である。その材料を鶏肉から始まりすべての材料を炒め、大鍋に入れ、出汁は使わず、素材から味が出るので、ひたひたに、水をいれ、落し蓋をして先に砂糖を大匙2杯入れ、すべてが柔らかになるまで、30分ぐらい煮る。それから醤油を2度3度に分けて入れ、あまり濃い色でない、やや薄味だが、しっかり味のしみこんだ煮物味になれば、完成となる。火を止めてからも,冷めながら、だんだん味がしみこんでいく。次の日から3日は冷蔵庫に入れておけば、2,3日は美味しく食べられます。煮物は、日本料理で1番腕が問われるものです。料理屋では、それぞれ,下煮してから,別々に作り、最後に,色物の野菜を添えてから、あわせ旨汁を、少しかけてお出しします。でもそんな料理屋の煮物より、ごった煮の煮物が1番美味しく、複雑な味がして美味しいと思います。京料理や懐石料理より、田舎の料理、母の料理が、1番であると、今、強く思ってます。日本料理で世界で、メジャーで勝負できるのは、大衆料理だと思います。次の大衆料理人が世界で勝負するのを、楽しみに待ちたいと思います。
                                           おやじ
       味,  各論、  10月の料理  仙台煮_a0016380_20381049.jpg

# by kyodo-torihei | 2004-09-21 03:18
        味 (総論)
最近の味はどれも強すぎて俺には、旨く感じられない。人気の店、最高級の素材、国産の、有機栽培の、と高級料亭で使う材料をたくさん使っているけど俺には旨く感じられないなー。、でも、流行っているのだから、それが、本物なんだろうな、と思うけど。・・・・・・・・・・
親父が思うには、良いもの、旨いものを多く使いすぎて、逆にくどく、今ひとつに感じるのかもしれない。中華料理は化学調味料をわずかに、使っている店が多いが、全体としてバランスが取れていれば、化学調味料も出汁の一部であるから、それもよいと思う。ただ後味が口に残るのは、論外である。私は、懐石、茶懐石を学んだ事もあり、料理は、出汁やスープがなくともまず、使う料理素材から味が出るので、それで足らない部分を補う。そんな料理を作るのが、好きである。今の人には、受けないだけでなく、味が薄いと言われてしまうが。現在も昔もそんなでお客が少なくてこまってるのだけど。出汁の材料には、かつをぶし、野菜、肉、魚
昆布、椎茸,干しえび、煮干、ガラ、いろいろあるが、あまり多くの出汁を加えすぎると、メインの料理の素材の味がわからなくなってしまう。やはり、メインの素材の味を生かし、出汁は、それを補う程度が最良だと思います。極端に言えば、塩それだけで、一番旨い、と言う事は、多いと思います。出汁はなくとも味噌、砂糖、塩、醤油,酢があれば、あっさりして毎日食べても飽きない,美味しい料理ができると思います。料理屋は、はったりや、店内装飾や、器、接客、いろんな事が要求されるので、味は強くなりがちです。一回で勝負しなければなりませんからね。本当は、味を舌と、目で探すような、料理が一番と思うのですが、今の人にはちょいと無理かなーと。とにかく、料理も味も時代とともに変わるので、出汁の強弱はどちらが良いとも言えません                   高名な料理人の君へ.                    次回はまた。                                    おやじ 
# by kyodo-torihei | 2004-09-03 01:44
金メダル
俺にとっての、<金メダル>ってなんだろう。子供の頃から、タイトルあるもの、57歳の今まで、取れなかったよなー。これからも、取れない可能性・・・非常に、高いよねー。
<俺の金メダル>自分勝手に決めれば、・・・・・・・・死ぬまで生きる事かな。全国どこにもいるような、父と母に育てられ、父は、父なりに、・・・母は母なりに俺を愛し、育ってくれた。
その二人は、もうこの世には、いない。生まれてからずーとこんなにだめで良いのかなーと思うけど・・・・・・・・・・死ぬまで、自分でできる小さなチャレンジを休みながら、サボりながら続けて生きたいと思う。・・・・・・・・・・死ぬまで生きる事それが、俺の、父、母への<金メダル>だと思う。オリンピックを見ながら、そんな事を考えてしまいました。さて、皆さんの
<金メダル>それはなんでしょうか。??????・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                            おやじ金メダル_a0016380_2141268.jpg
# by kyodo-torihei | 2004-08-26 19:22
孤独
俺は、孤独だ。どこに、行くのにも一人だ。共に手をつないで、歩く人も、話す人もいない。
とは言っても、皆といるのも、好きじゃない。こんな親父では、好きな、女の子にも全く、相手にされない。
過去には、家族と言う単位で、暮らしたこともある。すばらしく良い、ファミリーだったが、
漠然と、孤独だった、様に思う。今は、お金も全くなく、年もとり、小さな、小さなアパートにひっそりと暮らしている。人は、他の人に、自分以外の人に愛され、また自分も愛したいと願う。
これは、、自然な、人として当たり前な行動だと思う。では、二人で、家族でいれば、孤独には、ならないのか言うとそんなことは、ないようである。離婚や独身の男女が多いのを考えて見ればわかると思う。とはいえ、孤独だと言っても、まったくひとりで生きてると言う事はない。俺はお店のお客さん,大家さん、近所の人、お弁当やさん、田舎の、兄弟・・・・・・・・・・・・・・・
自分は、全くの一人でも、多くの人に、、愛され、また、ある意味では、頼りにされて、いると
思う。そう思えれば、ずーと一人も良いと思う。でも間違って一緒に暮らしてくれる、ひとがいれば、ラッキー大事にしたいね。この、宇宙の大きな、時の流れの一瞬の輝きでしかない自分の人生、孤独でも、一人でも、お金がなくとも、家がなくとも、明日食べるものがなくても
ズート不幸でも、良い日も、ついてない日も、前向きになったり、落ち込んだりを繰り返しなが生きていきたいと思っている日々です。ではまた。
                                              おやじ
# by kyodo-torihei | 2004-08-15 04:06
ラーメン
俺の、食いたいラーメンがない。ただのラーメンが食いたいのだ。それはね、親父がね、大きなズンドウに鶏がら,豚骨、あまった野菜屑、卵の殻、などをゆっくり、じっくり煮込んで出汁とってるのを食べたいのだ。有機野菜、何とかの水、国産のなんとか。・・・・・そんな東大でのあんちゃん、と、ねーちゃん集めたようなのは食べたくないのさ。かためなチャーシュウそれをじっくり煮込んだ醤油ダレ、それにさっきの熱々のスープを注いでメンマ、ナルト、チャーシュウがのっかっているそれか、熱々の野菜炒めののったミソラーメン。それがなかなかないねー。時代遅れと思われるけど、流行ってなくていい、行列なんかなくていい、テレビに出ってなくていい。親父が、近所で買える身近素材で作る^ラーメンがいいんだよな。俺たち職人の世界では、昔から、食い物屋とおできは大きくないの良いと言われてきている。まあ、親父の目の届く範囲の店が客にも、店にも良いということ言ってると思うけど、どんなもんかね。俺はセレブじゃないし、ズート敗者だし、やぱり、最高の素材のラーメンより,鮮度のいい安くて旨い材料で作ったのが良いね。一番は、料理の腕もあるけど、そこの親父の出す、気持ちというか、そんなものすべてをラーメンとともにいただきながら、明日もやるぜ、うまかったぜ、そんな、ラーメンと、人に出会えれば幸せだね。
                                    おやじ
# by kyodo-torihei | 2004-08-04 03:23
この国が変わるには
選挙に行く人達が80%から90%にならないとだめだなと、最近強くおもいます。右だとか左とか言うのではなく、大衆、市民にとって自分たちの要求を、提案し、実行できる政党を市民自らが育て、応援し、指導、教育していかねばならない時が今この時であると思います。今までは、財界、労働者、その他の団体による、組織選挙の時代であったが、これからは、市民が、自らが必要とする法律、税制を作るためには、ただ選挙に行くことが大事なのである。自分たちの望む政策を実行する政党に投票するだけでいいのである。これからは、だだの市民の為の政治を行う政党を育てていかねばならないと思う。なければ作ればいいのである。そういうのが好きで,得意な人達がネットなどを使ってボランティアでやっていけばいいのである。私は、全く興味はありませんが、得意な人達がどんどんやるべきだなと思います。私は、好きな女の子との時間を最優先したいですね。それから公務員も私たちが、養っているのだから,私たちの為に、市民の為に働くと言う意識を持たせなければならない。現在はどちらかと言えば公務員自信のために働いているというかんじになっている。あらゆる外郭団体を考えれば判ることである。公務員は、市民、大衆に仕えねばならない。当然、税収が少なければ、すぐ、給料は下がらなくては、ならない。国会議員から地方公務員まで給料はほとんど下がっていない。また下げようと言う者がいない。これが日本の現状なのである。この国の政治が悪いのではなく、公務員が悪いのではなく、・・・・・それは私たちが選挙に行かないことが、すべての原因だと思います。この国が良くなるも悪くなるも、それは誰の責任でもなく、私たちの責任であると言う自覚を持たねばならないと言うことだと思います。
                                                 おやじ
# by kyodo-torihei | 2004-07-27 04:23
投資は難しいね。
俺は、少しだけど、商品取引をやることがあるんだけど、1回も儲けたことないね。ほかに趣味ないし、パチンコ、競馬、野球には、全く興味がないんだ。もちろん、女性には興味はあるけど、パパ見たいなんか言われて遊んでもらっているだけだからね。この前ある大使館の関係者が来て、57の親父に20代の嫁はきてくれないかね?などと話してたら、親父の写真もって行ってしまった。世界の中には、こんな、親父の嫁になってくれる人いるのかねーと思いながら,探せばいるのかもしれないなって一人合点してました。できれば日本人が、良いけど、親父は1000人ぐらいに声かけて振られてるからねー。話は戻るけど、商品の営業マンで儲けさせてくれる人には1回も会ったことないね。手数料がはいれば、客が文無しになっても、関係ないしね。だから、10%ぐらいの人達は多少は儲けて、その他の参加者は、常に入れ替わりながら、、夢破れて、消えていくと言う感じだと思います。最近、見つけたのだけどインタネットで10分の1の手数料で取引できる取引会社も何社もあってこれなら、少しのお金でも、できると楽しみができました。ただ、すごいハイリスク、ハイリターンなので、みなさには、おすすめしません。例をあげれば、1日で100万、損する可能性と、100万得する可能性があるわけです。ですから、これは、お金持ちで損しても、なんともない人におすすめです。私たち低所得者は、絶対に、勝ち目はありません。人生、失敗だらけの親父が言うのですから間違いありません。たまには、生々しいお金の話もよかったでしょう。おやじから一言言わせてもらえば、投資に使うおかねは、手持ち資金の10%ぐらいにしておくべきです。利子はつかなくても、銀行に預けておくのが1番だと思います。またね。
                                              おやじ
# by kyodo-torihei | 2004-06-22 01:13
親父の水についての一言
俺は、実は水道の水が好きなんです。今日、近くのスパーで純水というのを買って店で使ってみてます。味は、すっきりしてるが、水の力が、ないと感じました。東京は2つの水系があって世田谷は多摩川の水と聞いてます。俺は、比較的に、おいしいと思ってます。いろんな、水が、売られてるけど、親父の好きなのは水道水だな。すぐに飲むより、冷蔵庫にしまう前に30分ぐらいそのままにして、その後ビンにいれて飲むのが好きです。これは、かなりの少数派かな。まあ自分で目を閉じて飲んでみると、いろんな味の世界が見えてくると思うよ。頭や、目でなく、自分の舌で飲むのを薦めるよ。お店もいろんな、店に、飛び込んで、自分の舌で、決めるのがいいとおもうぜ。失敗を恐れないことが大事と思うよ。またね。                                                                 おやじ                               
# by kyodo-torihei | 2004-05-27 04:02
身近な素材で! 心温まる職人の作る日本料理
鳥へいは、身近な素材を使って、親父は料理を作ってます。最高級とか、厳選された素材とかには、無縁です。毎日、大衆料理、家庭料理を気合入れて作ってます。夜5時から朝4時までやってます。酒は30種類から50種類(常時)、定食はいつも10種類はありますのでぜひ、食べに来てみてください。待ってます。・・・・・・・・   
             和食 飲み屋料理  居酒屋   鳥へい  調理師  長谷川一平                               
  徒歩  経堂駅3分。 千歳船橋駅7分 豪徳寺駅9分 桜上水駅20分
    
      深夜営業 夜5時からあさ4時。座敷宴会、25名様 定休日(木)
   
身近な素材で! 心温まる職人の作る日本料理_a0016380_2115027.jpg

# by kyodo-torihei | 2004-05-24 01:13